思い出を形に残しませんか? 
 HOTEL ARK-21
 【上神焼(かづわやき)窯元の由来】
 上神焼は古く宝暦年間に開窯され、伯尾山、伯州尾山、と続き明治に入り
 亀玉、伯面、玉伯の名称で製陶され、絶えようとする時平野洞雲に師事した
 初代藤一が再興を願い、上神山の窯を開きました。
 その作風は、その長い伝統と色鮮やかな「辰砂」の上神焼として皆様より
 好評を受けて参りました。    
(辰砂とは赤色を特徴にしている事)
 日本工芸展入選・皇室からの御買い等の名誉を受けております。
 二代目藤一(民一)は父初代に師事し辰砂はもとより油滴天目、金彩窯変など
 新しい分野も得意とします。
   陶芸体験
  【上神焼 上神山窯】
  住所:鳥取県倉吉市上神326−1       電話番号:0858−22−5705
  ☆おみやげも思い出も自分の手でかたちにしてみませんか?

  約30分もあれば陶芸体験が出来、自分で形を作った物が作品になります。
  (出来上がりは、約1ヶ月半後)
  あなた様の大切な方へプレゼントしてみてはどうですか?
  民芸品店で並んでいる物もいいですが、自分の手で作成した物は愛着も出来、
  長い間大切に使う事が出来ます。
  倉吉に来られるたびにひとつずつ増やしていくのも楽しいですよ。
 ○上神焼の作品が出来るまで
 粘土作り    練り    ◎成形    仕上げ    素焼    粕がけ    窯詰め    本焼  →  窯出し

  ※通常の陶芸体験は、◎成形作りの体験になります。
   希望によっては、他の工程も体験出来ます。(要確認)

  ホテルアーク21支配人陶芸体験記   詳しくはこちらから